【ダーツの投げ方@情報館】 -コツ・ルールなど

【ダーツを始めるにあたって】 ダーツの投げ方

ダーツを投げるのには、ダーツの持ち方から始まります。まず、ダーツの重心を探します。ダーツの重心が決まったら、重心を、親指と人差し指で、指の腹を使い掴みます。中指を、バレルの上、または横に添えます。中指を鉛筆を持つときのように、バレルの下に添えると、指を使って投げるようになったときに、中指でダーツを弾いてしまうことになりかねないので、注意しましょう。

立ち方には、正面型と中間型、そして側面型があります。どのスタンスを取っても構いません。自分が投げやすいスタンスを探しましょう。初心者は、側面型から入るのが良いとされています。基本的の投げ方は、利き目とトリプル20を結んだ線上にダーツを構えます。目標ターゲットとダーツ、肘、肩と利き目は、すべて同一線上に揃えます。肘の位置が下がらないように、ダーツを利き目のほうへ引きます。腕でダーツを引くようにしてしまうと、肘に余計な力が入ってしまうので、人差し指が引っ張られるような感じで、ダーツを引きましょう。始めに構えた位置を意識して、ダーツを投げます。この時、力で投げるのではなく、タイミングでダーツを放つようにしましょう。ダーツを放つときに、指を使ってしまうと、方向が左右されてしまうので、注意しましょう。

この基本の投げ方を最初は意識しましょう。プロの投げ方を見ると、変わった格好で投げている人が多いです。しかし、基本があり、自分のスタイルを決めていくのです。自分のスタイルが決まったら、そのスタイルを崩さないように練習しましょう。ダーツの投げ方は、紙飛行機の投げ方に似ています。紙飛行機を遠くへ飛ばす感覚で、ダーツを投げましょう。初めは、ダーツがボードに刺さることを目標に投げ、点数を気にすることはありません。


【ダーツ最速上達法】最新人気ランキング

1位ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)
本気でダーツを上達したいと思う方に20年間ダーツ業界のNo.1に君臨し続けたダーツプロの渡部紘士がダーツ上達の秘密を特別に動画で公開・・・ 詳細 Click>>

2位ダーツ投げ方の上達・練習法【小熊式】
今までずっとCフライトやBフライトから抜け出せなかった人が、ちょっとしたコツで短期間でAフライトになれるダーツ上達方法を期間限定で公開中・・・ 詳細 Click>>

3位凡人でもAAになれる「ダーツの投げ方&練習法」
半年投げてハットすら出せなかったヘタクソでもダーツの日本代表になれた凡人でもAAになれるダーツの投げ方&練習法!安定して売れ続け・・・ 詳細 Click>>


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【ダーツの投げ方@情報館】 -コツ・ルールなど All Rights Reserved.